8470円 キングジム GV10 お知らせボイス 白 GV10 家電 電卓・デジタル文具 電卓・デジタル文具用アクセサリー 電子辞書用アクセサリー ケース キングジム,GV10,お知らせボイス,helpvoyage.com,GV10,白,/conflagrate1310546.html,家電 , 電卓・デジタル文具 , 電卓・デジタル文具用アクセサリー , 電子辞書用アクセサリー , ケース,8470円 キングジム GV10 お知らせボイス 白 高品質 キングジム GV10 お知らせボイス 白 高品質 キングジム,GV10,お知らせボイス,helpvoyage.com,GV10,白,/conflagrate1310546.html,家電 , 電卓・デジタル文具 , 電卓・デジタル文具用アクセサリー , 電子辞書用アクセサリー , ケース,8470円 8470円 キングジム GV10 お知らせボイス 白 GV10 家電 電卓・デジタル文具 電卓・デジタル文具用アクセサリー 電子辞書用アクセサリー ケース

キングジム GV10 お知らせボイス 白 人気の定番 高品質

キングジム GV10 お知らせボイス 白 GV10

8470円

キングジム GV10 お知らせボイス 白 GV10



■最大録音可能時間は約180秒。最大音量は80デシベル
人感センサーで感知してから音声が流れ最大約180秒音声を流すことが可能。
録音(再生)時間に余裕があるので、例えば案内を日本語だけでなく、順に多言語で案内をすることができます。
また音量は最大で80デシベルの音を出すことが可能です。

■付属の調整カバーでセンサー感度の調整が可能
人感センサーの水平方向の角度は約100°、垂直方向は約80°まで感知します。
製品付属の調整カバーでセンサー感度の調整ができます。センサー部分についているカバーを入れ替えるだけで、片側だけや両側の部分を検知させない事ができます。カバーの種類は全4種類。

■場所を選ばない多種多様な設置方法
お知らせボイス本体は6つの方法で設置ができます。
1.マグネットでの設置 2.フック穴を使ったフック吊下げ設置 3.市販の工事用ボルトM10を使ってポールに設置 4.両サイドにあるベルト穴にベルトを通せば吊り上げて設置 5.カウンターへの平置きの設置 6.三脚用ネジ穴を使えば、専用スタンド(別売)に取り付けて設置。

■音声入力は選べる2種類
1.内蔵の本体マイクで直接音声を録音。スマートフォンなどのスピーカーからの出力でも録音が可能です。
2.付属のケーブルを用いてPC等に接続。無料で利用できる機械音声のテンプレートストリーミングサイトを使うと日本語だけでなく、英語/中国語/韓国語の4か国語で定型文を、音声は男性/女性の声で雑音などが入らないキレイな音声で録音が可能です。

■外形寸法:本体: 約221(W)×100(H)×56(D)mm(メッセージボードは除く)
※メッセージボード:約220(W)×128(H)×3(D)mm
■質量:約460g(電池、メッセージボードは除く)
■防塵防水性能:IP54 相当(単3 形アルカリ乾電池使用時のみ)
■電源:単3 形アルカリ乾電池×6 本(別売)AC アダプタ(別売) 
■電池寿命:約6 ヶ月(人感センサーON かつ音量「中」の状態で、10 秒の音声を1 日あたり30 回センサー感知時)※使用条件により異なります。
■感知距離:本体に向かう時:最大約5m、本体の正面を横切る時:最大約16m※使用条件により異なります。
■感知角度:水平方向:100°、垂直方向:80°※使用条件により異なります。
■動作環境:温度:5~35℃、湿度30~80% ※非結露
■保存環境:温度:-10~55℃、湿度5~80% ※非結露
■各種ネジ穴:固定用ネジ穴:M10 サイズ、深さ約16mm、ピッチ1.5mm
■三脚用ネジ穴:1/4 インチサイズ、深さ約12mm、1/4-20UNC
■材質:PC
■セット内容:天面溝シリコンカバー、人感センサー調整カバー(4 種)、メッセージボード、ライン入力ケーブル(50cm)、取扱説明書(保証書付き)

キングジム GV10 お知らせボイス 白 GV10

お知らせ
医療施設や学会などの
関係者向け情報
共通講習の申請等の情報

国民の皆さんにとって専門医制度は 医療機関を受診するときのわかりやすい目安になります。 専門の領域についてしっかりとした研修を受け、十分な知識と経験をもつ専門医のもとで、 標準的で安心できる医療を受けることができます。

専門医を目指す医師にとっても質の高い充実した専門研修を通して 自信と誇りを持って医療に携われるようになることを目指しています。

全国のどの地域の皆さんにも
質の高い医療を届けることは専門医機構の願いでもあります。 そのために地域や診療領域のバランスがとれた専門研修を進めます。